何故テストを書かなければならないのかという問いに対する返し

質問者がプログラマか非プログラマかによって回答は異なるだろう。


プログラマであれば簡単だ。テストコードを書くことによって得られるメリットをつらつらと説けばいい。

それでもわからなければ失敗体験と成功体験をさせれば良いだろう。まともなプログラマであればこれで十分痛感する。


しかし、非プログラマであればそうはいかない。やはり、強烈な一撃が必要だ。

「コードの妥当性を網羅的に検証できるような仕様書が無いから、プログラマがテストという名の仕様書を代わりに書いてやってるんだ。おたくじゃテストを越える仕様書は作れないでしょ?」


納期を守るためにガントチャートパズルあそびをするヒマがあったら、何が本当に大事かをもっと考え抜いてほしいものです。


食欲の秋、テストの秋、ですね