CAに入社して半年たったので、そろそろ一言いっておくか

半年たった。リリースも終わってキリも良いタイミングなので一言いっておく。
ちなみにCAなのにアメブロじゃないんですか?というツッコミがあるかもしれないが、マークダウンも書けないアメブロにプログラマの居場所など無い。

共感を感じるところ

プロダクトに対するクオリティの追求

これが無いとWebサービスやっちゃダメですけどね。しっかりとクオリティ保つためのPDCAや仕組みは回っているし、意識もあると。個人的には、当事者意識を得ることができたのが大きい。

基本的に自己責任

あれやるなとかは言われないですしね。まあそんな会社だったら入ってないですね。これからも好きなようにやります。

技術への探究心・こだわり

まだまだ知らない人いっぱいいるんですが、技術に対する探究心が強いメンバーは多い(とおもう)。決して単純な技術バカではなく、その技術が作っているサービスの向上に寄与できるものだと考えることができている。そういうメンバーを採用してるんでしょうね。

違和感を感じるところ

メール文化

だいたい今日びHTMLメールとか、クールじゃないにも程がある。yammerとかのほうがバズらんか?重要なメールが埋もれてしまう事で生じる損失を考えた方が良い(フィルタリングで何とかすればという意見はおかしい)。

コスト意識がおかしい?

かけるべきところにはかけている。しかし、かけるべきじゃないところにもかけていると感じる。これは上のHTMLメール云々にも通ずる。不毛な作業はやめましょう。それを技術で解決できる人がいっぱいいるのだから、依頼しちゃいましょう。

仲が良すぎ

非常に良いことでもあるが、かなり距離が近すぎる。例えば、若いメンバーなんか事あるごとに同期とつるんでるみたいだが、居心地の良い場所にばかりいると視野は圧倒的に狭くなるから気をつけろと言いたい。適度な距離感は重要だと。積極的に外の世界を知りに行くべきだ。

結局のところ

違和感といっても、決してマイナスに捉えているわけではない。客観視してるからこそ感じ取れる違和感であり、ものすごく意味のあるものに違いない。

この半期は

主業務

本格的な運用フェーズとなる。もう自分がアプリを書くことにそれほど意味はないので、若いメンバーたちに主導させるってか丸投げする。まだまだ綱渡りで業務をこなしてる状態なので、本物の力をつけてもらうために試練でもある。それだけではちょっとフェアでないので、自分にはさらに厳しい試練を課そう。

毎週必ず書評をする

相変わらず本は読み漁ってるが、最近全然書評をしていなかった。というわけで、毎週必ず書評をすることを目標とする。

価値のある技術研究をする

まあ、いつものですよね。


おわり