VirtualBoxのゲストOSでホスト側のドライバを使う

ちょっとVirtualBoxを試していました。ホストはもちろんKubuntu、ゲストはWindows2000です。どうもディスプレイドライバがうまく認識されていなくて画面を大きくできなかったのですが、どうやら「Guest Addition」をゲスト側にインストールしてやれば、ホスト側のドライバを引き継いで使えるようです。

手順は

  1. ゲストOSを起動
  2. メニューバーの「デバイス」を選択、「Guest Additionのインストール」を実行。
  3. インストーラーが実行されるのでそのままインストール
  4. ゲストOSを再起動する

これでホストのディスプレイドライバが認識されます。
忘れると思うので備忘です。